新年あけましておめでとうございます。

#帯広リライフル不動産ブログ

しばらく振りのブログ更新です。


2022年が始まりました。昨年もコロナが長引く中でしたが、不動産需要は特に土地に関して相変わらず多く、価格的にも高止まりしている状態が続いております。土地の売却を承っても即購入申込となり、帯広市含め3町の土地不足が続いております。

各新築住宅業者様からも多くの問い合わせを頂いております。


また、以前はさほど騒がれていなかった古家解体時のアスベストに関する規制、厚生労働省

による事前調査等厳しくなり、解体費用が相当増加する事態となり、売却価格から解体費用の増加により所有者が躊躇して空家の解体更地売却が厳しくなってきている状況により。ますます土地不足に拍車が掛かってきております。


中古住宅に関しては、リフォーム済みで、既存住宅かし保険加入物件は弊社販売物件(幕別町札内新北町)も1組目のお客様で成約となり同物件への問い合わせも数多く頂きました。

より優良中古物件も依然として需要が高い状況です。


また、2023年頃から施行予定の相続登記の義務化(3年以内に登記・罰則規定有り)により、今後空き地の不明所有者が無くなる事により、所有者を特定する事により使用しない不動産の売却を促す事ができると期待しております。本年もより多くの不動産の取り扱いにより弊社使命感を実践して参ります。「満ち足りた人生に関わりを持つ」本年も宜しくお願い致します。





閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示